KOF14色々メモ

KOF14をプレイしての出来事を書いていきます。

14シュンエイ:トップページ

・ページ内表記説明

 

・技解析

 ・通常技

   ・近距離攻撃

   ・遠距離攻撃

   ・しゃがみ攻撃

   ・ジャンプ攻撃

   ・ふっとばし攻撃

   ・通常投げ

 ・特殊技

 ・必殺技

 ・超必殺技

 ・CLIMAX超必殺技

 

・簡易攻略

 

・フレームデータ

 

・詐欺飛び

14テリー:必殺技のフレームデータ

硬直差の調査をしたかったので。

 

バーンナックル
A:(14,9,17) 攻撃発生:15F 硬直差:-7F~+1F
C:(20,14,13) 攻撃発生:21F 硬直差:-8F~+5F
EX:(14,16,17) 攻撃発生:15F 硬直差:-14F~+1F

 

クラックシュート
B:(13,2,0,2,0,2,19) 攻撃発生:14F,16F,18F 硬直差:-2F~-1F(最終段)
D:(16,3,0,3,0,2,17) 攻撃発生:17F,20F,23F 硬直差:0F~+1F(最終段)
EX:(14,4,15) 攻撃発生:15F 硬直差:0F~+3F

※通常版は2段目以降は立状態に当たり、3段目は屈状態に当たる。
※通常版の1段目は空中の相手にのみ当たる。

 

パワーウェイブ
A:(16,30) 攻撃発生:17F
C:(14,36) 攻撃発生:15F
EX:(21,38) 攻撃発生:22F


パワーチャージ
B:(14,8,14) 攻撃発生:15F 硬直差:-3F~+4F
D:(20,8,11) 攻撃発生:21F 硬直差:0F~+7F
EX:(17,8,15) 攻撃発生:18F 硬直差:-4F~+3F

KOF14:対マリー

・雑感
無敵技の種類が多く、多段通常技&特殊技もある。
中段のスピンフォール、下段のスライサー、
無敵投げのように使えるリアルカウンター、移動投げのブレイカーと
崩しの手段が多い。
絡まれるときついのが、どの択もしのげれば反撃チャンスとなる。


・弱スピンフォール
ガードできれば-7Fなので、ある程度早い遠距離攻撃で反撃可能。
またガード後の間合いが近ければ、屈攻撃での反撃も可能。
ゲージがあれば発動で大きくリスクを背負わせることができる。

KOF14:対ラルフ

○EXラルフキック
出初めに8F間の無敵がある。
屈ガードすると飛び越えられてしまい反撃しづらい。
ガード後はガード側がわずかに有利なので、
密着時なら通常投げで反撃可能。

KOF14:対レオナ

○屈B>屈C>6B>強X
ガード時は-5Fっぽい。
それなりに近い間合いなので、屈Aが届く。

 

○強&EXムンスラへの反撃
実は技後は低姿勢の為、ガード後に屈に当たらない攻撃を出すとスカる。
強版は踏み込みが少ない分顕著で、
シュンエイの遠Dが最速だと当たらない。
EX版は踏み込みが大きいため、同技でも当たることがある。
元より隙が大きい技なので、
ダッシュ屈Cやダッシュ近距離攻撃なども充分アリ。

KOF14:対キング

○強トルネードキック(63214D)
2段攻撃の突進技。
密着でガードできれば隙は小さくない(8F)ので反撃は容易。
しかし、初段先端ガード時や2段目先端ガード時等、
状況によって間合いが変化しやすい。
今回は初段先端~2段目程度の間合いでガードした際の反撃を考える。


・京
遠B
遠D


・テリー
遠B
遠C


・シュンエイ
遠D
MAXエクステ


予想以上に反撃できないことが分かった。
ただし1ゲージあれば反撃は大きくなるので、
分からせる意味でも積極的に狙っていきたい。
なお、2段目のみをめり込み気味にガードできた場合、
1段目最先端ガード時より間合いが近く反撃しやすい模様。