KOF14色々メモ

KOF14をプレイしての出来事を書いていきます。

14シュンエイ:Ver.3.00での変更点の感想

久々の更新。

バージョンアップがあったので、トレモで触ってみての感想。

実戦でないとわからない部分もありそうだが…

 

 

・屈A、遠Dのリーチ増加

どちらも長くなっている。

判定表示によると、屈Aは拳一つ分ほど長くなっていた。

遠Dは攻撃判定が相当大きくなっており、

更に根元に新しい攻撃判定が付与されていた。

 

・屈Bの発生高速化

6F→4Fと最速クラスの小足に。

地味に低姿勢の時間も長くなった模様。

 

・CD中に攻撃を食らうと地上ヒット

地味ながらも痛い弱体化。

技中被弾しても被害が少なかったのがなくなった。

ある意味普通になったともいえる。

 

・6Bの攻撃判定拡大

下方向に大きくなったため、屈くらい状態以外の屈状態の相手に当たるようになった。

これによりかなりの場面で安定して6Bを当てることが可能になったので、

J236AorCの着地硬直軽減と相まって連携等に使いやすくなった。

 

・J236AorCの着地硬直軽減

わずかながら以前より早く動けるようになった。

ゲージ貯めや連携により使いやすくなった。

 

 

他にもあったが実感がわかないものばかりだったので割愛。

先にも述べたが、実戦使用で分かるかもしれない。